2018年ランドセルカタログ請求開始情報です

そろそろ2018年のランドセルカタログが配布され始めました。
例年人気モデルは早めに予約が入り、年が明ける頃には売り切れている事が多いようです。
また最近の傾向として、販売のピークが早まっている傾向もあります。

モギカバンのランドセルも2018年の新しいカタログ揃いました。
まずはモギカバンのランドセルのカタログを入手して
検討を始めるのもよいのではないでしょうか?

モギカバンのカタログはこちらから
モギカバン ランドセル2018年カタログはこちら

もちろん他社もランドセルの2018年 カタログがで揃い始めています。
【フィットちゃんランドセル】公式サイトはこちら

モギカバンと同じように職人の技術を活かしながら、60年以上にわたりランドセルの国内製造を続けてきたこちらもおススメです。
ランドセル【KIDS AMI】

 

広告

モギカバンランドセル残り少ないモデルについて

モギカバンのランドセルで、人気のモデルの117日の在庫状況です。2月はランドセル購入のピークとなりますのでいずれも購入は急がれた方が良いようです。

☆男の子

1位:ユニバーサル

2位:たくみプレステージ

3位:たくみスタンダード

・カラー

1位:黒(青ステッチ)

2位:黒(ゴールドステッチ)

3位:黒(アカステッチ)

いずれもユニバーサルは売り切れています。たくみシリーズも残りわずかです(たくみシリーズでもコードバンは売り切れました)。

☆女の子

1位:ユニバーサル

2位:プリズミックス(ハート、プリンセス)

3位:プラチナハートハート

・カラー

1位:ピンク・ローズ系

2位:キャメル、バーガンディ

3位:赤

ユニバーサルは2位、3位のカラーがあとわずか、プリズミックスのハートも各色あとわずか、プリンセスについてはまだ在庫があります。

ご購入はこちらから↓

モギカバン オリジナルランドセル

 

 

購入前に不安は解消すべし!

モギカバンのランドセルを購入したいなと思って、公式ホームページを見ていても色とかサイズとか、実際に背負わせた感触とか…わからないですよね。

もちろんモギカバンの販売店で実際にランドセルを背負えればいいのですが、残念ながら群馬県の桐生市とその近辺にしか販売店がないのです。

でも、そんな不安を解消できる方法があるのです。

それは「お試し」をしてもらえるのです。

サンプル貸出サービスというものがあって、購入前に実物をお送りし確認して頂けるサービスがあるのです。電話連絡になりますが、いちど相談できるようになっています。

購入前に現物を手にされたとき、チェックして欲しいポイントは革の風合いと色目ですね。それもできたら自然光のもとで確認して欲しいです。

照明の下だと照明の光の色の影響を受けますので、ぜひ外で見てみてください。
モギカバン オリジナルランドセルの詳細はこちら

 

 

 

良いランドセルを購入したいと思ったら…

モギカバンのランドセルは、素材を変えたランドセルを色々揃えています。人工皮革クラリーノから、厳選した本革までお好みで購入して頂けます。

でも本当に良いランドセルを購入したいと思われるなら、手縫いのランドセルをおすすめします。今の時代何に価値があるかというとそれは人の手を経て作られたものです。

手縫いは長年培ってきた勘が生きていて、機械では置き換えられない技術です。ここに価値があると思うのです。

具体的にいうと、ミシンならどこを縫っても同じ力でしか縫えませんが、職人の手縫いなら、ここは丈夫に大事縫わなければ…と言うところはより丁寧に縫うと言うことができるのです。

モギカバンは、あくまでも「品質」を求め続けています。効率よりも品質にこだわる事は今の時代最高の価値ではないかと思うのです。

お子様には、ぜひ小さな頃から良いものを与えて、よいものを知る人に育ててあげてください。

良いランドセルの詳細はこちら

 

 

 

 

モギカバンの中の人に聞いた、ランドセルの購入ポイントとは?

モギカバンのランドセルの作りは、ちょっと大きめのゆとりサイズで設計されています。最近のランドセル購入のポイントとしては、A4ファイルが入る事がポイントとなっています。

もちろんモギカバンのランドセルも、余裕を持ってA4ファイルが入ります。

中の人いわく購入ポイントは、もちろんA4ファイルが入ることですが、その入りかたを見て欲しいと言っています。

何の話かと思うでしょうが、各メーカーのカタログ写真を確認してみて欲しいのです。

というのは、A4ファイルが入ると宣言していても、よく写真を見るとファイルが湾曲しているメーカーもあるのです。

これでは見た目は入ってますが、他のものを入れる時に問題が起こります。

もちろん、モギカバンのランドセルは余裕を持ったサイズですから、こんな事はありません。

ランドセルの購入ポイントは、ちょっと注意してみて見た方がいいと思いますよ。

モギカバン オリジナルランドセル