モギのランドセルの評判いいけれど…フジタ鞄という選択肢は?

モギのランドセルは今年の61日の予約開始から

2日程度で、在庫なしのモデルが出ています。

特に一部のコードバンやスムース革タイプは

早々に在庫なし状態になりました。

 

そんなモギのランドセルですが、

ネットでもそれほど口コミはありません。

もちろん人気がない訳ではないでしょう。

(その証拠に予約と同時に売切があります)

多分想像なんですが、他の工房系ランドセルに

比べてまだ認知度が低いのじゃないか?

と想像します。

 

皆の認知度は低いけど、知る人ぞ知る銘品と

いってもいいでしょう。

ただ、すでに今年の在庫分はほぼ完売状態で、

こればっかりはいくら銘品でも

どうしようもありません。

 

職人の手づくりですから、

そうそう増産はできないのでしょう。

ところで、モギカバンは群馬の桐生で90年近く

ランドセルをつくり続けているそうです。

 

実は同じように山形でずっとランドセルを

つくり続けているメーカーがあります。

フジタカバンというメーカーです

 

フジタ鞄 公式ホームページ

 

フジタ鞄もモギカバンと同様60年もの歴史がある、

山形の地場老舗メーカーなのです。

フジタ鞄のランドセルの特徴は、

安全と実質を追求しているところ。

しかも地場の山形の気候や土地の特徴を

よくくみとってランドセルに反映しています。

たとえば山形では雪深いなか通学するのが一般的。

そのため雪対策をランドセルに施し安全性を

高めています。

 

そのひとつに、雪道で子どもはよく転びます。

そのため、できるだけ両手が塞がらないように

ランドセルを大容量にしました。

もちろん撥水性も十分高めています。

 

また、雪が積もるとどうしても

歩道が狭くなりがちです。

そのためすれちがいで引っ掛けないように、

フックは右側だけにしています。

雪の多い地方ならではアイデアで、

安全性が高められたのです。

 

といっても、こっちは雪国じゃないし…

と思われますか?

たとえば大容量にした理由の根本は違いますが、

ランドセルのA4フラットファイル対応は、

現代の流れと合致してます。

撥水は言うに及ばず、フックが右側だけ

という理由も頷けます。

(もちろんバランスの面から両方が望ましい

という意見もありますが…)

モギカバンのランドセルと違う点は、

より安全性という視点から設計された

ランドセルだということでしょう。

 

もちろんフジタ鞄のランドセルの品質が

劣る訳ではありませんから、

あとはメーカーとしても

イメージの違いかなと思います。

 

もし、ランドセルに品質と同時に

安全性を求めておられるなら、

フジタ鞄のランドセルのチェックを

強くおススメします。

 

>>フジタ ランドセル 公式ホームページ<<

残念ながらフジタカバンのランドセルは12月11日で完売です

萬勇鞄は一度売り切れましたが、まだこちらで購入できます>