19年度7月1日のモギカバンのランドセル売り切れ状況

モギカバンのランドセル売り切れ状況

先月寄りや約開始されたモギカバンのランドセルですが、約1か月弱過ぎ売り切れたモデルも出始めています。以下に在庫、売り切れ状況をまとめてみましたが6月末日の状況ですので、状況はまた変化していると思われます。

また売り切れとは書いていますが、販売予定数に達したという事で、実際にはこれから製作するということになります。

MOGIオリジナルランドセル

たくみシリーズ

コードバン クロ[=アオ] 残り3

コードバン クロ[糸=ゴールド] 売り切れ

コードバン クロ[=クロ] 残り2

コードバン アカ[=アカ]反射鋲 残り3

コードバン アカ[=ピンク]ハート鋲 残り2

プレステージについては、

牛革スムース アカ[=アカ]反射鋲 残り2

以外のモデルは売り切れているようです。

プレステージ 牛革ボルサ

スタンダード

エクセレント(クラリーノ)

以上はまだ在庫が充分あるようです。

 

ユニバーサル

ユニバーサルシリーズについては、まだ在庫が充分あるようです。

 

インペリアル

スタンダード クロ 残り3

スタンダード グリーン 残り2

スタンダード アカ[=ピンク]

スタンダード バーガンディー[=ピンク] 残り1 良い色!

インペリアルシリーズはそろそろ売り切れそうです。

 

プラチナシリーズ

ハートハート マゼンダピンク 売り切れ

ハートハート メルロー[ワイン] 売り切れ

上記以外のカラーはまだ在庫があるようです。

ただし、プラチナ ティアラ シャンパンゴールド[=パープル]は売り切れています。

モギのランドセルは、昨年も予約段階ですべて売り切れていて8月の終わりにはオンライン販売も終了しました。手作りですから、増産は難しいと思われます 。今年も同じように予約販売で8月には予定数に達してしまうと思われます。

MOGIオリジナルランドセル

まだ購入できる!萬勇鞄の在庫状況

現在購入できる萬勇鞄のランドセルの情報です。萬勇鞄の公式サイトではすでに売り切れとなっているランドセルですが、ギフトのシャディが運営する通販サイトではまだ購入できるモデルがあるのです。

萬勇鞄のランドセルは、モギカバンのように職人の手作りで、なおかつ素材の革にもこだわっている工房系ランドセルのひとつです。

またその人気は非常に高く、2017年の6月頃にはすでに公式サイトで売り切れてしまうほどのランドセルです。

デザインはモギカバンがより正当派でスクエアなイメージだとしたら、萬勇鞄はそれよりも柔らかく、でもとても品のあるデザインです。特に色使いはスモーキーな色合いがおしゃれです。

シャルムローズ ランドセル

 

ダークブラウン×ピンクゴールド
残在庫: 5
ワイン×ピンクゴールド
残在庫: 5

¥63,7201400gA4フラットファイル対応

その名の通り、バラの刺繍を取り入れたランドセルです。流行の刺繍飾りですが、その意匠は大人っぽいもので、6年生になっても違和感がないでしょう。

シャルムローズ ランドセル 詳細はこちら>>

シャルムローズ エアリーランドセル

パールセピア×ピンクゴールド
残在庫: 4

¥56,1601250gA4フラットファイル対応

シャルムローズと同じデザインですが、素材をパール系のタフガードに変え軽量化したものです。

シャルムローズ エアリーランドセル 詳細はこちら>>

クローネ ティアラ エアリーランドセル

パールアクアブルー
残在庫: 1

¥55,0801200gA4フラットファイル対応

女の子の好きなティアラとハートをふんだんに使った刺繍がかわいいランドセルです。他社でも同じモチーフを使ったデザインがありますが、萬勇鞄のクローネティアラはより上品な仕上がりが自慢です。

クローネ ティアラ エアリーランドセル 詳細はこちら>>
 

モギカバンのランドセルを逃した方へ…萬勇鞄が購入できるのもあとわずか!

お急ぎください!シャディでの販売もあとわずか17個(女の子用)とのことです(12月12日)

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>

 

工房系ランドセルは売り切ればかり

モギカバンのランドセルは、今年8月末に残念ながら売り切れとなってしまいました。フジタカバンも12月5日に完売してしまいました。

工房系ランドセルはとても人気が高く、ちょっと過熱気味な展開になり今年はラン活なる言葉まで出るようになってます。

 

さてそんな人気のある工房系ランドセルですが、モギカバンと同等の人気を博し、さらに、モギカバンより早く売り切れとなってしまったメーカーがあります。それが、萬勇鞄です。

 

萬勇鞄とは?

萬勇鞄とは「まんゆうかばん」と呼び、手縫い、手づくりをサブキャッチコピーとする工房系ランドセルメーカーです。萬勇鞄は創業60年以上を誇る老舗鞄店です。

造りの良さが評判を呼びここ数年で人気が高まってきました。そのため、今年はネット通販で予約販売を5月に始めたのですが、すでに6月には終了してしまったという人気の工房系ランドセルメーカーです。

 

ポリシーも製品もモギカバンに近く、購入の際もモギカバンと萬勇鞄を比較し悩まれた方も多いと思われます。ただ、あえて違うところを探すとまず全体の印象ですが、モギカバンがコンサバティブ方向だとしたら萬勇鞄は、そこに少し柔らかさを取り入れたランドセルをラインナップしている印象があります。

他にも、色目はスモーキーな色目がきれいな印象を与えたり、またその色目の幅もかなり広いようです。素材も種類が多く、モギカバンよりも積極的に人工皮革を使用しています。またその分デザインのバリエーションも幅広いといえるでしょう。

 

公式サイトで売り切れでも、ここなら…

そんな萬勇鞄ですが、残念ながら公式サイトでは売り切れと言う表示が出てしまっています。

ところが、こちらのページだとまだ購入可能とされています。そのページはギフトで有名なシャディのページなのです。

 

もちろん、こちらもあと17点(女の子用)を残すのみだと情報が入りました。(12月12日現在)なので、気になる方、買いそびれてここまで来た方ぜひ急いで検討された方が良いと思います。

 

クローネティアラ パールセピア×ジュエル

 

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>

 

もちろん、モギカバンでもこのような事例があれば早急に情報をアップする予定です。

 

萬勇鞄で失敗?

萬勇鞄でひとつだけどうかな?ということをあげるとするとそれは重い事かもしれません。人気のあるランドセルは軽い事が優先されます。そんな中1200gからの重さはちょっと引っかかるかもしれません。

 

ただ、革素材を使用したランドセルは各メーカーとも重くなる傾向がありやはり1300gからの重さがあります。またよく言われる事ですが、重さについては入学後すぐに忘れてしまう事が多いようです。

全国的にそうらしいのですが、三年生から以降のランドセルの重さはハンパないらしいですからね。

 

色の展開数の豊富さ

萬勇鞄が他社と違うところは、色目の豊富さだけでなく、その幅の広さです。たとえば、ピンク系で10種のバリエーションがあり、パープルでは11種、ブラウンならなんと13種のバリエーションがあります。

 

もちろん男の子向けの色目もこれはステッチ有無も含んでですが、定番の黒は16種あります。また他社ではあまり展開していないグリーン系も4種の幅があります。

もしグリーン系のランドセルってどんな感じだろうか?と思っているなら、ぜひ萬勇鞄のグリーン系バリエーションを見てから決めた方が絶対よいです。

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>

 

 

 

 

 

フジタカバンのランドセルは12月11日で完売予定だそうです

残念ながらフジタカバンのランドセルは12月11日で完売予定

萬勇鞄は一度売り切れましたが、まだこちらで購入できます>

こちらのサイトでもおススメしていたフジタカバンのランドセルですが、残念ながら完売したとのことです。

工房系ランドセルは人気があって年が明ける前に売り切れてしまいます。昨年度は年明け1月でもモギカバンのランドセルを購入できたのですが、今年度はとても足が速かったようです。

来年度は、今年以上に売り切れるのが早いのではないでしょうか…。ちょっと過熱気味なような気がします。ラン活なる言葉も生まれてしまいました。

いずれにしても、お目当てのブランドや工房系ランドセルがあれば、情報は早い目に仕入れてこまめにチェックが必要なようです。

ただ、今年実はモギカバンより早く売り切れ宣言をした、萬勇鞄ですが、意外な所でまだ購入できるようです。もちろん在庫は限りありだとは思いますが、もし気に入ったランドセルが見つからなくて、買いそびれている方でしたら、絶対チェックした方がいいですよ!お早めにね!

萬勇鞄は、まだこちらで購入できます>

 

 

モギカバンのランドセル2018年版順次出荷しているようです

10月末になりそろそろ冬の気配も感じる頃になりました。

入学まであと半年ですね。

モギカバンのランドセルを予約された方には、

順次発送が始まったようです。

10月末から11月上旬で出荷されるのが

プリズミックスハート、プリズミックススター、

プリズミックスプリンセス、

たくみエクセレント、たくみコードバン

となっているようです。

他のモデルも順次出荷されるようですので、

楽しみですね。

 

さて、モギのランドセルが欲しかったのになぁ…

と、残念ながら予約が遅れてしまった方へ、

こんなおしゃれなランドセルもありますよ。

 

こちらも、SOLD OUTが出ているようです。

ACTUSのランドセル

 

モギカバンの品質に負けず劣らず、

そしてセンスよく…

こちらはまだまだ在庫ありのようです。

【キッズアミ】

 

 

売り切れ?いえ今でも購入できるモギカバンのランドセル

モギカバンのランドセルは、ほぼ完売してしまったように見えますが、

実はまだおススメのモデルがいくつか残っています。

たとえば、昨年男の子人気ナンバーワンだったユニバーサルの黒(青ステッチ)は

82日現在で14個の在庫があるようです。

もっとも、これは昨年と全く同タイプではありません。

使用している革がスムースではなく、ボルサタイプなのです。

残念ながらスムース革タイプは売り切れてしまっていますが、

造りは基本的に同じユニバーサルものですし、

革の質も同等ですから、表面の質感の違いにこだわりがなければおススメです。

他にも人気ナンバー2のクロ/アカ(糸=アカ/ファスナー=アカ)も…

こちらもボルサ革ですが在庫が8個あるようです。

また女の子の昨年人気ナンバーワンだったユニバーサルのローズも

8個の在庫があるようです。こちらもボルサ素材のランドセルです。

モギカバンのランドセルは、スムース革が有名ですのでどうしても

スムース革でなければ…と思われる方が多いようですが、

ランドセルは素材もさることながら、その造りも大切なのです。

特に職人の手による堅牢な造りは耐久性に優れており、

この点においてはスムース革もボルサ革も同等であることは間違いありません。

いずれも在庫ありではありますが、残数も10個前後ですので考えておられる方は

一度検討されてもよいかと思います。

 

>>MOGIオリジナルランドセル<<

 

※ここでの情報は2017年8月2日現在のものです。最新の情報はこちらからどうぞ

 

 

モギのランドセルの評判いいけれど…フジタ鞄という選択肢は?

モギのランドセルは今年の61日の予約開始から

2日程度で、在庫なしのモデルが出ています。

特に一部のコードバンやスムース革タイプは

早々に在庫なし状態になりました。

 

そんなモギのランドセルですが、

ネットでもそれほど口コミはありません。

もちろん人気がない訳ではないでしょう。

(その証拠に予約と同時に売切があります)

多分想像なんですが、他の工房系ランドセルに

比べてまだ認知度が低いのじゃないか?

と想像します。

 

皆の認知度は低いけど、知る人ぞ知る銘品と

いってもいいでしょう。

ただ、すでに今年の在庫分はほぼ完売状態で、

こればっかりはいくら銘品でも

どうしようもありません。

 

職人の手づくりですから、

そうそう増産はできないのでしょう。

ところで、モギカバンは群馬の桐生で90年近く

ランドセルをつくり続けているそうです。

実は同じように山形でずっとランドセルを

つくり続けているメーカーがあります。

フジタカバンというメーカーです

 

フジタ鞄 公式ホームページ

 

フジタ鞄もモギカバンと同様60年もの歴史がある、

山形の地場老舗メーカーなのです。

フジタ鞄のランドセルの特徴は、

安全と実質を追求しているところ。

しかも地場の山形の気候や土地の特徴を

よくくみとってランドセルに反映しています。

たとえば山形では雪深いなか通学するのが一般的。

そのため雪対策をランドセルに施し安全性を

高めています。

そのひとつに、雪道で子どもはよく転びます。

そのため、できるだけ両手が塞がらないように

ランドセルを大容量にしました。

もちろん撥水性も十分高めています。

 

また、雪が積もるとどうしても

歩道が狭くなりがちです。

そのためすれちがいで引っ掛けないように、

フックは右側だけにしています。

雪の多い地方ならではアイデアで、

安全性が高められたのです。

 

といっても、こっちは雪国じゃないし…

と思われますか?

たとえば大容量にした理由の根本は違いますが、

ランドセルのA4フラットファイル対応は、

現代の流れと合致してます。

撥水は言うに及ばず、フックが右側だけ

という理由も頷けます。

(もちろんバランスの面から両方が望ましい

という意見もありますが…)

モギカバンのランドセルと違う点は、

より安全性という視点から設計された

ランドセルだということでしょう。

もちろんフジタ鞄のランドセルの品質が

劣る訳ではありませんから、

あとはメーカーとしても

イメージの違いかなと思います。

 

もし、ランドセルに品質と同時に

安全性を求めておられるなら、

フジタ鞄のランドセルのチェックを

強くおススメします。

 

>>フジタ ランドセル 公式ホームページ<<