まだ購入できる!萬勇鞄の在庫状況

現在購入できる萬勇鞄のランドセルの情報です。萬勇鞄の公式サイトではすでに売り切れとなっているランドセルですが、ギフトのシャディが運営する通販サイトではまだ購入できるモデルがあるのです。

萬勇鞄のランドセルは、モギカバンのように職人の手作りで、なおかつ素材の革にもこだわっている工房系ランドセルのひとつです。

またその人気は非常に高く、2017年の6月頃にはすでに公式サイトで売り切れてしまうほどのランドセルです。

デザインはモギカバンがより正当派でスクエアなイメージだとしたら、萬勇鞄はそれよりも柔らかく、でもとても品のあるデザインです。特に色使いはスモーキーな色合いがおしゃれです。

シャルムローズ ランドセル

 

ダークブラウン×ピンクゴールド
残在庫: 5
ワイン×ピンクゴールド
残在庫: 5

¥63,7201400gA4フラットファイル対応

その名の通り、バラの刺繍を取り入れたランドセルです。流行の刺繍飾りですが、その意匠は大人っぽいもので、6年生になっても違和感がないでしょう。

シャルムローズ ランドセル 詳細はこちら>>

シャルムローズ エアリーランドセル

パールセピア×ピンクゴールド
残在庫: 4

¥56,1601250gA4フラットファイル対応

シャルムローズと同じデザインですが、素材をパール系のタフガードに変え軽量化したものです。

シャルムローズ エアリーランドセル 詳細はこちら>>

クローネ ティアラ エアリーランドセル

パールアクアブルー
残在庫: 1

¥55,0801200gA4フラットファイル対応

女の子の好きなティアラとハートをふんだんに使った刺繍がかわいいランドセルです。他社でも同じモチーフを使ったデザインがありますが、萬勇鞄のクローネティアラはより上品な仕上がりが自慢です。

クローネ ティアラ エアリーランドセル 詳細はこちら>>
 

広告

モギカバンのランドセルを逃した方へ…萬勇鞄が購入できるのもあとわずか!

お急ぎください!シャディでの販売もあとわずか17個(女の子用)とのことです(12月12日)

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>

 

工房系ランドセルは売り切ればかり

モギカバンのランドセルは、今年8月末に残念ながら売り切れとなってしまいました。フジタカバンも12月5日に完売してしまいました。

工房系ランドセルはとても人気が高く、ちょっと過熱気味な展開になり今年はラン活なる言葉まで出るようになってます。

 

さてそんな人気のある工房系ランドセルですが、モギカバンと同等の人気を博し、さらに、モギカバンより早く売り切れとなってしまったメーカーがあります。それが、萬勇鞄です。

 

萬勇鞄とは?

萬勇鞄とは「まんゆうかばん」と呼び、手縫い、手づくりをサブキャッチコピーとする工房系ランドセルメーカーです。萬勇鞄は創業60年以上を誇る老舗鞄店です。

造りの良さが評判を呼びここ数年で人気が高まってきました。そのため、今年はネット通販で予約販売を5月に始めたのですが、すでに6月には終了してしまったという人気の工房系ランドセルメーカーです。

 

ポリシーも製品もモギカバンに近く、購入の際もモギカバンと萬勇鞄を比較し悩まれた方も多いと思われます。ただ、あえて違うところを探すとまず全体の印象ですが、モギカバンがコンサバティブ方向だとしたら萬勇鞄は、そこに少し柔らかさを取り入れたランドセルをラインナップしている印象があります。

他にも、色目はスモーキーな色目がきれいな印象を与えたり、またその色目の幅もかなり広いようです。素材も種類が多く、モギカバンよりも積極的に人工皮革を使用しています。またその分デザインのバリエーションも幅広いといえるでしょう。

 

公式サイトで売り切れでも、ここなら…

そんな萬勇鞄ですが、残念ながら公式サイトでは売り切れと言う表示が出てしまっています。

ところが、こちらのページだとまだ購入可能とされています。そのページはギフトで有名なシャディのページなのです。

 

もちろん、こちらもあと17点(女の子用)を残すのみだと情報が入りました。(12月12日現在)なので、気になる方、買いそびれてここまで来た方ぜひ急いで検討された方が良いと思います。

 

クローネティアラ パールセピア×ジュエル

 

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>

 

もちろん、モギカバンでもこのような事例があれば早急に情報をアップする予定です。

 

萬勇鞄で失敗?

萬勇鞄でひとつだけどうかな?ということをあげるとするとそれは重い事かもしれません。人気のあるランドセルは軽い事が優先されます。そんな中1200gからの重さはちょっと引っかかるかもしれません。

 

ただ、革素材を使用したランドセルは各メーカーとも重くなる傾向がありやはり1300gからの重さがあります。またよく言われる事ですが、重さについては入学後すぐに忘れてしまう事が多いようです。

全国的にそうらしいのですが、三年生から以降のランドセルの重さはハンパないらしいですからね。

 

色の展開数の豊富さ

萬勇鞄が他社と違うところは、色目の豊富さだけでなく、その幅の広さです。たとえば、ピンク系で10種のバリエーションがあり、パープルでは11種、ブラウンならなんと13種のバリエーションがあります。

 

もちろん男の子向けの色目もこれはステッチ有無も含んでですが、定番の黒は16種あります。また他社ではあまり展開していないグリーン系も4種の幅があります。

もしグリーン系のランドセルってどんな感じだろうか?と思っているなら、ぜひ萬勇鞄のグリーン系バリエーションを見てから決めた方が絶対よいです。

萬勇鞄がまだ購入できるサイトはこちら>